17 3月 2017

ノーベル平和賞受賞者の話を聞いて。




16807187_1398031836926851_85049382312931733_n

グラミンバンクのユヌス博士の話を聞いてきました。
ユヌス博士は何といってもソーシャルベンチャー・イノベーションの世界的な伝道師です♪
なんといってもノーベル平和賞(2006年)受賞。このことが世界中のソーシャル業界の人をどれだけ勇気づけたことか!

Continue Reading

11 1月 2017

It’s a Sony展。3月31日まで(銀座のソニービル)




Jpeg

SONY好きなので行ってきました。 (今回は英語に関係ないです)

 

Jpeg

【ソニーの会社設立趣意書原本】
“自由闊達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設”という有名なソニー設立の目的。
ソニー好き人間としては、原本を見るのは3回目だが、創業して改めて見ると、新たな発見がある。

現在、グローバルカンパニーとなったSONY。 かつての勢いとワクワクさがないSONY。 新しい挑戦を続けるSONYは復活するのか? 盛田さんはかつて「数字を見て判断するのはダメな経営者だ」と言った。「数字を見れば結論は分かるのだから、技術がどうなるのか?今後のために必要な投資は何か?」というような数字にいま出ていないことについて正しい意思決定ができる知識・能力が大事だということだったと思う。

Jpeg

失敗作第一号だそうです(炊飯器を作ろうとした)。 失敗できる余裕や、失敗を許容できる前向きな態度が大事だな。

#itsasony

29 12月 2016

考察:SMAPが紅白でなくてSMAPxSMAPで終わった。




僕が以前勤めていた会社で言われていたこと。

『量が質を凌駕する。』

自分が「最高の質」と思っていても、圧倒的な量によって、その品質は超えられてしまう。そんなことだったと思う。

マシュマロ・チェレンジの結果はまさにその典型。 *マシュマロを使ったタワーの高さを競うゲームにおいて、”頭の良い大人が最高と思う計画を立てて作る”ものより、”何も考えずにただ作りまくり、失敗から学びちゃんレンジつづける幼稚園児の方が良い結果を出す”という本当の話。

 

で、話はSMAP。当然、ここで「SMAPは、質を凌駕した量」という意味です。

普通は業界のしがらみや常識などいろいろとある中で、紅白歌合戦で最後を飾る(=量を追うことが最高の結論)ということになりがち。

でも、既に量を究極的に達成しているSMAPだからこそ、量を追う意味はなくて「量なのか?質なのか?」を自分たちが本当にフリーハンドで選べたし、それを周りが認めてくれたのだと思う。

世界でiPhoneを売りまくったアップルが、世界でバイクと車を売りまくったHONDAが、全く新しいチャレンジ(品質を追い求める)ことができるのも、「量があるからこそ、自分たちがフリーハンドに量なのか?質なのか?選ぶことができる」のかな。

僕は今「質を追う結果、量がついてくる」試みをしている。その段階にいる。

いつか「後からついてくる量が爆発的になって、全く違う成長ステージ」にいくのかどうか。

「世界に一つだけの花」を聞きながら考えてみよう。 SMAP本当にありがとう♪ 本当に本当にありがとう♪

 

1 5月 2016

会社設立1周年を迎えて。




Screenshot_2016-03-25-18-05-10

2016年4月30日  マイクロイノベーション合同会社 代表社員 後藤 達雄

無事にマイクロイノベーション合同会社は4/27に設立1周年を迎えることができました!

Continue Reading

2 11月 2015

[ご報告:★商 標 登 録 が 取 れ ま し た っ]




NEWS1

特許事務所の事前審査では「過去の事例からして難しい」ということでイチかバチかだったのですが、無事に取れました!

会計処理も当然やっていますが、最近思うことは

Continue Reading

18 10月 2015

起業をするにあたって。[スタートアップに興味ある方]




about1

先日のミッション、ビジョンが評判良かったので
英語ではなく、実際の起業・スタートアップをするにあたって大事にしていることをちょっと紹介します。

Continue Reading