僕が住む京都。「京都は大学の町」って知ってますか?
大学数と大学生数の密度(人口100人当たり数)ともに京都が1位です。

せっかくなので、近くの大学で2つ授業を取り始めました(聴講生)。
それが面白いのなんのって!!

『学ぶって面白い。』
心底、そう感じます。

===
「家で仕事をしていると子どももいる」こともあり、もっと効率的に仕事をしたいという想いはずっとありました。
そこでこの10月から、自転車で10分程の、京都工芸繊維大学に聴講生になりました。
大学の図書館が利用し放題。冷暖房完備・語学の資料も豊富で、セキュリティの高いWIFIも完備です。

●経営デザインストラテジーでは、パナソニックでデザインを担当され、GoodDesign賞の審査委員経験もある経験豊富な方が先生。企業の方をお招きしての講義も予定。
製品企画、デザイン開発におけるデザイン戦略(ストラテジー)について、企業経営の視点から述べる。
①先鋭的デザイン手法、②革新的デザインマネジメント手法、③デザイン戦略関連知識とスキルについて、
企業の製品開発事例を通して講述する。

*今は、デザインの定義や分類、戦後インダストリアルデザインの歴史などを学んでいます。超楽しいです!!

もともと高校時代よりデザインには興味があって、「設計(広い意味でデザイン)」にひかれたのは大学卒業の頃。
なので、「デザイン志向」などに興味を持つのも当然な流れでした。
子育てという視点でも、「デザイン力をつけさせたい」と意識をしています。
とはいっても、体系的な知識も何もなかったので、いつか勉強したいと思っていました。

 

●京のまちでは、それぞれのテーマの専門家(複数の講師)による講義で、歴史都市として豊かな文化的背景を持つ京都の町をテキストとして、
まちづくりや都市デザインに関する実践的な知識を、その歴史の中から学ぷことを目指す。
内容は、歴史・地形・景観・建築・産業構造などをベースに、さまざまな角度から都市を分析する方法を紹介する、というものです。

*「京都が好き」とは言いつつ、歴史を知らずに深い理解ができないので、もっと楽しみたい、深く味わいたい!と思いもあったし、
外国の友達がきた時なども、もっと自分たちの誇るべき歴史を伝えることができたらどんなに素晴らしいだろう、という想いもあって選びました。