実例紹介:大学生(男性)の紹介。
知り合い(大学生の親)の紹介で、6月から利用を開始した大学生Kさん(男性)。

この1ヶ月頑張ってやってくれました。

その結果
【結果: 1 ヶ 月 で T O E I C 換 算 1 2 0 点 U P 】


利用開始時:505点
1ヶ月後: 625点にUP
(CASECテスト結果[TOEIC換算])

※スキル系がすべて伸びました。
◆本当にオンライン英会話に積極的に取り組んでくれたことが大きいですが
◆僕のアドバイスを素直に聞いてくれたこと も とても大きいです。

・本人のやる気がなくて「親が無理やりやらせる」場合は、「本人をやる気にさせるのに一苦労」しますが、
英語コンシェルジュでは、大学生の場合、「必ず本人も支払いをしてもらう」のがルール。
・親が言っているから「本当はそれほどやる気ないけど」っていうのであれば、格安オンラインをやれば良いと思っています。

それにしても、発音の基礎、例えばthを何十回も一緒に発音して身体に染み込ませます。

30分前は「音の違いを自覚できない」し「自分で出せなかった」のに、
それを「違いが判って、きちんと意識すれば音がきちんと出る」ようになるといった小さい成功体験の積み重ねを一緒に作ってきました。
その結果、こういう結果が出るとやはりウレシイですね♪

来年度から小学校3年から「活動型」英語がスタート、「教科型」は小5年からスタートします。
高等教育でも民間英語試験の導入などが大きな話題になっています。
今後も、ますます教育現場において本格的に「使える英語が求められる」ようになってきますね。

僕も、そのお手伝いができれば♪