この度【パートナー1名が途中解約】となりましたので公表します。

※ 2015年創業来、中途解約は三人目/詳細は非開示。

今回、英語コンシェルジュ側に大きな問題があったものではないと考えておりますが、事実に基づき公表となります。

・「中途解約の言葉が独り歩き」するのは営業・評判的にも望ましいことではありませんので若干関連情報を掲載します。
本人からのコメント
”検討の結果,一旦ここでレッスンを中断することにしました。
英語学習の面白さが随分と分かったので,ありがたく思っております。
しばし自己学習にて様子を見ようと思います。

契約はあと1か月残っておりますが,手続きのほど,よろしくお願いいたします。

これまでのフィードバック等につきまして,どうもありがとうございました。
ありがたく拝読しました。
また何らかの形でご縁がありましたらよろしくお願いいたします。

ご活躍,事業の発展を,心から祈念しております。
お教えいただいた様々なこと,感謝しております。”

~・~・~・~
弊社は、拡大を続ける”英語学習者へのパーソナルトレーナー/英語の専属コンサルタント”市場のパイオニアです。(注)

弊社は2015年1月に初めてパートナー公募をいたしました。
創業以来、様々な競合が参入し、利用者が増えています。
EnglishCompany、TORAIZ(2015年)
TOKKUN English、ライザップイングリッシュ(2016年)など

上記のどの会社よりも早くサービスを市場導入、オリジナルなものを作ってきました。
前例がない中、試行錯誤をし、力不足でご満足いただけないケースも正直ありました。

今後、このようなことがないように最善の努力をしてゆく所存です。

★中途解約について
通常、この業界では”中途解約には事前相談が必須”です。
その結果、「事前相談で説得されるのが嫌なので、契約満了まで我慢する」ケースも発生することがあると聞きます。
それらを避けるため、当初の申し込み時に申込書をお知らせし、希望時には「事前相談なく中途解約が簡易に成立する」ようにしています。
さらに本年5月にサービス立ち上げ後二人目の中途解約が発生したことを受け、中途解約の事実を公表する方針にしました。
※ 今後とも、「中途解約の発生を公表」するポリシーを維持する所存です。

「5つの安心の理由」はこちら。