『子どもには英語を学ばせたい、困らせたくない』と考える親は多い。
『せめて自分のように英語嫌いにはしたくない』という親も。

ではどうすれば?という話。

1カ月「とりあえずやってみるプラン」利用者の状況が、見事にこちらの想定通り。いや想定以上でした♪

ご本人(小さいお子さんがいるお母さん)は「英語にコンプレックスがあり、この機会に真剣に英語をやってみよう」と検討を開始。
本人との話を通して『まずは英語コンプレックス(精神的なブロック)の解決』
『”自分のため”と同時に”子どもにもよい影響”という意識もある』と理解したので
「英語の歌を毎日楽しく歌う」をやりました♪

そうすると
本人(お母さん)の声だけでなく、時折娘さんの歌声も♪
「言われたから」とかでなく、本当に歌いたくて自分から英語の歌を歌う子ども。
それは、本人にもうれしい誤算だったそうです。

以前、子どもように英語VTRやCDを買って聞かせたりしたこともあったけど、結局それはうまくいかなかった。
でも、今回は

◆子どもが歌を気に入ったようで「歌わないの?」と親に催促することも。
そして、以前買った英語のCDを聞きたいとも言っていると。

本当に素晴らしい効果。もちろん、本人も楽しんで歌ってくれましたよ♪

ディズニーイングリッシュや公文、学研、進研ゼミなどいろんな子ども英語サービスはありますが、何が大事なのでしょうか?

(つづく)