「希望していた学校の受験合格!」の連絡  パチパチ♪♪
(利用者:専門職・かつ母親(40代))

以前、ご本人から
「私が英語を勉強し始めて、子どもたちや家族も英語や海外を意識が高まってきています。特に、息子には良い影響が出ていて、教本をお互いに見たり、テストしたりしています」
と教えてもらっていました。
その息子さんが無事に合格です!(しかも英語が難しかったと)

~~~
【小さなこと】
まず、「一人の行動を変える」のは容易ではありません。
「毎日を変える」「習慣を変える」「やるべきことをきちんとやる」。
全ての人間が、これをできれば理想社会にいきなり移行できるでしょうが、できない。
「言いたいことを言う勇気」「健康な食事をする」「子どもにきちんと語り掛けをする」…。

【小さなことが難しい】

私は
「英語学習でパーソナルトレーナーが支援」する
「専属トレーナーと一緒に質の高い英語学習を継続」することでお金をもらっています。
英語学習は「一人の行動で終わらない」可能性があるテーマでもあります。

【一人からの広がり。】
今までも
「超多忙の団体管理職(奥様)が利用を開始したら、旦那様も同じアプリで語学を開始した」
「利用中のご夫婦からのお話しで、お子さんにも利用を開始した」
「利用中の方(父親)も、日常で英語を意識するようになり、まだ幼児のお子さんも英語を楽しく真似てみる」
「自営業の方が忙しい中、コマ切れ時間で英語を開始したら、家族でも”英語熱”がでてきた」などなど
今、ソーシャルイノベーション、ソーシャルビジネスの分野で「コレクティブインパクト」が言われます。
テーマについて一主体でなく、複数の主体が一緒になってアプローチする、協働や目的の共有、共生をすることで問題解決を合理的に行う必要があるということです。

私は「一人の行動」から「家族の変化」に。
そういう小さな単位での変化を広げてゆく実績を積み上げてゆくことで「コレクティブインパクト」を求めてゆきます。
だから、社名は マイクロイノベーション合同会社 です。