9Apr英語学習

私たちのサービスは「利用者の自己学習全体を支援」します。
SKYPE授業を提供したら「サービス終了」ではなく、
そこから「自学の支援が開始」です。この新しいサービスがうまく行くために最も大事なこと。
その根底にあるのはお互いの信頼関係です。
そして、「目指す英語」や「具体的な学習方法」に大きな違いがあっても、学習計画の策定がスムーズにできません。
だから、お見合い期間が必要なサービスです。
そういう意味で、普通のSKYPE英会話が「無料レッスンを提供」とは全く異なった「7 DAYS CHALLENGE 自己学習トライアル」を実施します。
それは、「自己学習の大切さを分かっている人、そして、その努力ができる人」を対象にしたサービスだからです。
でも、【人間は弱い】です。
だから、英語コンシェルジュが必要になります。
ユーザー様向け資料に書いた大事なメッセージ
『英語学習する中で
「手を抜く」「できない」「気分が乗らない」時期もあると
想定しておくこと。』
誰でも、できない時期はあります。でも、そんなことで落ち込む必要はない。そういう時が過ぎてからちゃんと復活すること。復活力、それが大事だと思います。
3月の年度末に英語学習がかなり厳しかったモニターが4月復活しています。
本当に、それが何よりもうれしいです。
20代の格好よさとは違って、30代以降の格好よさは「愚直に努力すること」、それしかないと僕は思っています。
復活したモニターの方々、そして自己学習トライアル挑戦中の方々、これからも辛くなったら素直な気持ちを伝えてください。
英語コンシェルジュは最後まで利用者を信じて、寄り添い、応援します。
(写真:モニターI氏の実際の学習時間グラフ)

(2015年4月9日FBページ掲載)